ドローン空撮にはどんなメリットがある?どう活用できるのか解説!

公開日:2022/10/15   最終更新日:2022/10/19

皆さんは「ドローン空撮」を知っていますか?ドローン空撮とは、その名の通りドローンを使って空中から撮影を行う方法のことです。ドローン空撮者の中には、高い技術を習得することで専門的な仕事を行なっている人もいます。今回は、今後さらなる成長が見込まれるドローン空撮について、そのメリットや活用法をご紹介します。

ドローン空撮のメリット

近年人気のドローン空撮には、以下のようなさまざまなメリットがあります。

インパクトある撮影が可能

ドローンの最大の魅力は、やはりインパクトのある壮大な景色が撮影できるという点です。たとえ同じ対象を撮影する場合でも、単にカメラを使って撮るのと、ドローンを使って空撮するのとでは、ダイナミックさが格段に違ってきます。このように、見る人に新鮮な映像を届けられるというのは大きなメリットだといえます。

コストが安価

ドローン空撮は、安価であるというメリットがあります。まず、ドローン自体の価格は安いもので3万円、プロ仕様のものでも10万円台であるといわれています。実際の空撮でも、従来はヘリコプターを使用して空撮を行っていたため燃料費や人件費などのコストがかかっていましたが、ドローン空撮ではそのようなコストもかかりません。

さまざまな場面で活躍

ドローンは小型かつ無人で飛行が可能であるため、低空飛行をしたり狭い場所を通り抜けて飛行したりすることができます。これらの技術を用いれば、移動する対象に接近して撮影することや、狭い建物の間や、危険の伴うような現場にも入り込んで撮影することが可能となるため、ドローンが活躍できる場面はこれからも増えていくことが考えられます。

ドローン空撮による動画撮影事例

ドローン空撮は、さまざまなテクニックを使うことで、質の高いものとすることが可能です。ドローン空撮による動画撮影の例としては次のようなものがあります。

企業のPR動画

認知拡大を目的とする企業PR動画では、視聴者にどれだけ強いインパクトを与えられるかが大切となります。このような「印象に残るような動画を撮影したい」という場合にドローン空撮は活躍します。

壮大な自然をはじめ、人間がなかなか足を踏み入れることのできない世界をドローンに収めて発信することで、人々が忘れることのできないようなダイナミックな動画が撮影できるのです。

施設紹介動画

高度飛行だけでなく、低空飛行をすることもできるドローンは、施設紹介の動画を撮影する際にも活躍します。高度飛行と低空飛行を組み合わせることで、施設を俯瞰して見たり密着して見たりすることができます。

このように、さまざまなアングルからわかりやすく、また魅力的に見えるような撮影ができるという点はドローンだからこそできる技であるといえます。

不動産の紹介動画

ドローンは、不動産業界でも活躍しています。例として、ドローンを使って物件の周辺環境を撮影するといったことが挙げられます。これまでは、入居予定者が自身で物件周辺の情報を調べることが主流でした。しかしドローンで撮影した映像があれば、そのような手間なくその土地に住むイメージを膨らませることができます。

また、部屋の外装や屋根の状態など、一般的な物件探しでは把握が難しいような部分もドローンの映像で見ることができます。入居予定者へ安心をもたらすドローン技術は、今後の不動産業界でますます活躍することが期待されています。

ドローン空撮を行うには

ドローン空撮を行うには、別途資格や許可を取る必要はあるのでしょうか?

資格

現時点では、ドローンを飛ばすのに必要な国家資格はありません。しかし、DPAやJUIDAといった民間資格は存在するため、これらを取得しておくと、ドローンに関する知識があることを客観的に証明することができます。ドローン空撮を行う上でのスキルアップにもつながるため、興味がある場合には受験してみることをおすすめします。

許可

ドローンによる空撮を行う場合、使用するドローンの重さによって適用される法律が変わります。重さの基準は200gです。200g以内のドローンを飛行させる場合、国の指定区域の外であれば基本的に許可は必要ないとされています。ただし、勝手に特定の人物を撮影したり、人の私有地にドローンを飛ばしたりすることのないよう気をつけましょう。

200g以上のドローンの場合は、国土交通省管轄の航空法の規制対象とされます。そのため、ドローンを使用する際には国土交通省に申請をする必要があります。なお、申請をすればどこでもドローンを飛ばし放題ということではありません。中にはドローンが禁止されている区域もあるため、確認を怠らないようにしましょう。

まとめ

今回は、ドローン空撮のメリットと活用法についてご紹介しました。ドローン空撮は、インパクトのある動画が撮影できるだけではなく、従来の方法と比べても安価で、活用場面も多いなど、実用的なメリットが多くあるということがわかりました。

ただし、ドローンを飛ばす際には注意点もあるため、ルールをしっかりと確認して正しくドローンを使用するようにしましょう。ドローン空撮に興味を持った場合には、ぜひ今回の記事内容を参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

検索
【その他】新潟県のドローンスクール一覧

【NEW】新着情報

ドローンに関心を持たれている方は増加の一途を辿っており、新潟県内にも愛好家が増加しています。しかし、ドローンについてはどのように飛行手続きを行うべきか疑問抱えている人も多いようです。そこで、

続きを読む

みなさんは「ドローン測量」とはなにか知っていますか?ドローン測量とは、空からドローンを用いて地面の様子を測量し、データ化する技術のことです。今回は、まだあまり知られていないドローン測量に関す

続きを読む

皆さんは「ドローン空撮」を知っていますか?ドローン空撮とは、その名の通りドローンを使って空中から撮影を行う方法のことです。ドローン空撮者の中には、高い技術を習得することで専門的な仕事を行なっ

続きを読む

新時代の幕開けを予感させるドローンは、空撮としての能力はもちろんのこと産業用や軍事用にも応用され、21世紀に欠かせないアイテムとして広まっています。しかし、日本においてはドローンの使用につい

続きを読む

趣味の領域を超え、農業や物流での活躍が期待されるドローン。その期待値は、空の産業革命ともいわれるほどです。ドローンを操縦するのに資格は必要ありませんが、資格を保有していると何か優遇されるので

続きを読む

一口にドローンといっても、ドローンを使って何をするかによって選ぶべきドローンの種類は異なります。ドローンを使ってみたいけれどどのようなドローンを選べばよいのかわからないという方もいるのではな

続きを読む

道路工事の現場や金融機関、病院や学校など警備を必要とする場面は多いですが、警備業務は人力と監視カメラが基本です。しかし、技術革新の賜物である「ドローン」が警備業界にも風穴を開けようとしている

続きを読む

年々私たちの生活に身近な存在となりつつあるドローンは、テレビやネットの動画撮影にも頻繁に使われることが多くエンタメ性が強い機器のイメージが先行しています。しかし、実はその可能性は無限大であり

続きを読む

近年では、ドローンパイロットという職業を耳にすることが増えるようになりました。ドローンパイロットとは、プロとしてドローンを操縦する仕事についている人のことですが、まだ詳しく知らないという人も

続きを読む

無人航空機のライセンス制度導入に向け、ますます盛り上がりを見せるドローン飛行。航空法の改正についても議論が重ねられ、段階的な環境整備が進んでいます。そこで注目されているのが「レベル4」飛行で

続きを読む