MG-1スクールの口コミや評判

公開日:2022/09/01   最終更新日:2022/09/13

MG-1スクールの画像

MG-1スクール
エアリアル新潟:〒950-2055 新潟市西区寺尾上1-10-21
TEL:090-7561-9276

MG-1は産業用ドローンで、農薬散布のために開発されたドローンです。このドローンの購入にあたっては講座の受講が必要で、農林水産航空協会認定のオペレーターの資格取得が必要となります。そのため、MG-1スクールでは産業用ドローンMG-1を効率よく利用するために講座を実施しており、農薬散布の方法や技術・知識が学べます。

ドローンを安全に使用できるようになるためのスクール

MG-1スクールは産業用ドローン「Agras MG-1 S Aシリーズ」を安全に効率よく利用するための講座を実施しています。この産業用ドローンは農薬散布など、液体を散布することを目的に開発されており、購入するには講座の受講が必要です。また、農林水産航空協会認定のオペレーターの資格も取得する必要があります。

技術と知識を持ったエキスパートが指導

Agras MG-1の操縦を指導するのは、提携している企業の指導教官です。指導を担当する提携企業はドローンの導入・運用支援のほか、インフラ・設備点検・農業・測量・計測・データ活用における課題解決の提案や補助金サポートサービスも行っています。

指導教官は産業用無人ヘリコプターによる農薬散布の方法と技術・知識を持ったエキスパートがそろっているため、安心して指導を受けられるでしょう。

技術認定取得5日間コース

講座は5日間のコースで受験資格は年齢が16歳以上、両眼の視力が0.7以上(眼鏡可)、操縦に支障を及ぼす身体障害がない、読み書きができて内容が理解できる学力があることです。参加費用は25万800円(税込)で、テキスト代と農林水産航空協会登録料も含まれています。

また、産業ヘリオペレーター有資格者のために3日コースもあります。費用は20万6,800円(税込)です。有資格者の場合は、こちらのコースを受講するとよいでしょう。

農業用UAV「Agras MG-1」を使用できるようになる

MG-1スクールの講座を受講すれば、農業用UAV「Agras MG-1」の操作ができるようになります。Agras MG-1は農薬散布に特化したドローンで、1時間に2万8,328m²から4万468.6m²に散布することが可能です。

手動による農薬散布と比べれば、40倍以上効率的に作業ができます。また、飛行速度に合わせて噴霧の強度が自動的に調節できるため、むらなく均一に農薬を散布することが可能です。

散布液の補充やバッテリーの再充電によって一度作業が中断されたときは、インテリジェントメモリー機能によって帰還前に記録された場所から再び散布を開始できます。そのため、「どこまで散布したかわからない」「2重に散布してしまった」ということがありません。

UAVとは

UAVとはUnmanned Aarial Vehicleの略称で、無人航空機のことです。ドローンと呼ばれることもあります。

選べる3つの操作モード

地形に合わせて自動・半自動・手動の3つの操作モードが選べます。スプレーノズルからは農薬が均等に散布され、むらなく均一に散布することが可能です。

また、フライトコントロールシステムとマイクロはレーダーを搭載しています。そのため、センチメートル単位での精度を実現しました。これにより、より細かい範囲における薬剤散布が可能となります。

また、ローターの回転による下向きの気流が噴霧速度を加速させ、農薬液を作物の茎や土壌の付近まで撒くこともできます。

長い寿命と高い耐久性

Agras MG-1は遠心冷却システムを搭載。これにより、モーターの寿命を最大3倍に延長させることに成功しました。また、3重のフィルターにより水滴・ほこり・粒子状の物体が期待内部に入るのを防ぐため、不純物の混入による摩耗を防止します。

モーターには4つのセラミックノズルがあり、数千時間の散布が可能です。1回の充電で長時間使用できるうえに高い耐久性を持っているため、広大な範囲に農薬を散布する場合でも長期間安心して行えます。

新潟を拠点としてドローン事業を展開するエアリエル新潟が運営

MG-1スクールは新潟に拠点を置くエアリアル新潟が運営。スクールをしているほか、映画・PV・CM撮影・工事記録・定点撮影・眺望撮影・空撮アドバイザー・映像編集なども行っています。

使用している機体はDJIS1000 with GH4とDHI inspire 1 proです。公式サイトに空撮した動画が掲載されているため、気になる方はチェックしてください。

Agras MG-1の購入と点検等について

Agras MG-1は産業用ドローンのため、購入するにはスクールの受講と農林水産航空協会認定のオペレーターの資格取得が必要です。購入後は1年ごとに機体の点検が実施されるほか、必要時応じて実散布研修等の研修会も開催しています。新規雇用や新事業への参入にあたり、教育が必要な場合はMG-1スクールに相談するとよいでしょう。

まとめ

MG-1スクールの特徴について解説しました。作業の効率化と負担の軽減に役立つ産業用ドローンですが、その扱いには十分な知識と技術が必要です。そのため、豊富な経験を持つエキスパートによる指導が必須でしょう。

MG-1スクールではドローンを安全に使用するための指導を行っているため、新事業に参入する企業や初心者も安心して受講できます。必要に応じて研修会も開催できるため、一度相談してはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索
【その他】新潟県のドローンスクール一覧

【NEW】新着情報

最近ドローンを取り入れた映像をよく目にします。ドローン空撮の魅力はこれまでの定番だったヘリコプターからの撮影とは異なり、小回りの利いたカメラワークによる斬新な映像を楽しめることです。空撮以外

続きを読む

世界中で活躍しているドローンは日本において新たな視点での使い方に注目が集まっています。小さいながら大きな活躍を担うドローンを農業用として生かす方法です。では、農業用ドローンとはどんな方法で使

続きを読む

ドローンに関心を持たれている方は増加の一途を辿っており、新潟県内にも愛好家が増加しています。しかし、ドローンについてはどのように飛行手続きを行うべきか疑問抱えている人も多いようです。そこで、

続きを読む

みなさんは「ドローン測量」とはなにか知っていますか?ドローン測量とは、空からドローンを用いて地面の様子を測量し、データ化する技術のことです。今回は、まだあまり知られていないドローン測量に関す

続きを読む

皆さんは「ドローン空撮」を知っていますか?ドローン空撮とは、その名の通りドローンを使って空中から撮影を行う方法のことです。ドローン空撮者の中には、高い技術を習得することで専門的な仕事を行なっ

続きを読む

新時代の幕開けを予感させるドローンは、空撮としての能力はもちろんのこと産業用や軍事用にも応用され、21世紀に欠かせないアイテムとして広まっています。しかし、日本においてはドローンの使用につい

続きを読む

趣味の領域を超え、農業や物流での活躍が期待されるドローン。その期待値は、空の産業革命ともいわれるほどです。ドローンを操縦するのに資格は必要ありませんが、資格を保有していると何か優遇されるので

続きを読む

一口にドローンといっても、ドローンを使って何をするかによって選ぶべきドローンの種類は異なります。ドローンを使ってみたいけれどどのようなドローンを選べばよいのかわからないという方もいるのではな

続きを読む

道路工事の現場や金融機関、病院や学校など警備を必要とする場面は多いですが、警備業務は人力と監視カメラが基本です。しかし、技術革新の賜物である「ドローン」が警備業界にも風穴を開けようとしている

続きを読む

年々私たちの生活に身近な存在となりつつあるドローンは、テレビやネットの動画撮影にも頻繁に使われることが多くエンタメ性が強い機器のイメージが先行しています。しかし、実はその可能性は無限大であり

続きを読む